ダイエットサプリの種類と期待できる効果

ダイエットサプリの種類と効果についてご紹介します。

ダイエットサプリには4種類あり、効果もそれぞれ違います。

口コミや評判が良いというだけで選んでしまうと、お金をかけても痩せないという悲劇が発生してしまいます。

肥満の原因を把握して、生活環境に合ったダイエットサプリを選びましょう。

 

1 ダイエットサプリの種類

1-1 食欲を抑えるサプリ(満腹中枢に作用し、満腹感をもたらし、空腹感を軽減する効果)

食欲を抑えるサプリには、食欲を抑制する成分であるグルコマンナン、フーディア、アフリカマンゴノキ、カラルマ、酵母などが含まれています。

【商品名】

満足習慣、フルベリ、スーパーフードプライマリースリム、7DAYS DIET、スリムアップスリムオフ会ゴールド、カラルマファインブリアータ、カメヤマ酵母

 

1-2 脂肪や糖の吸収を抑えるサプリ(脂肪や糖の消化吸収を抑える効果)

吸収を抑えるサプリには、ファゴミン、ファセオラミン、エピガロカテキンガレート、ギムネマ酸、サラシアオブロンガ、ガルシニア、アミラーゼがあります。

【商品名】

メタバリアS、カロリミット、大人のカロリミット、アラプラス糖ダウン、メタブロック、Plut、カロリストン、食べてもDiet、なかったコトに

 

1-3 腸内環境を改善するサプリ(排便を促し、便秘による代謝低下を改善する効果)

腸内環境を改善する成分には、乳酸菌、ラクトフェリン、ラクチュロース、キトサンがあります。

【商品名】

LAKUBI、プレミアスリムビオ、快腸サポート、スリムサポート酵素αプラス、CUTE ME、防風通聖散、シェイプアップ乳酸菌、キトサンアフターダイエット

 

1-4 脂肪を燃焼するサプリ(蓄積された体脂肪を燃焼し、基礎代謝を高める効果)

脂肪燃焼をサポートする成分は、L-カルニチン、フォルスコリン、カプサイシン、酵素、葛の花抽出物、リパーゼがあります。

【商品名】

シボヘール、生酵素、slimfor、カロリナ酵素プラス、スリムプロジェクト、ファイブデイズプレミアムダイエット、フォースコリー、イースト×エンザイム、デュアスラリア

 

たくさんご紹介いたしましたが、ドラッグストアで購入できるダイエットサプリの一覧はこちらです。お近くの薬局で探してみてはいかがでしょうか?

ダイエットサプリドラッグストアで購入できる商品一覧と効果

 

2 ダイエットサプリの成分別効果

2-1 食欲を抑えるサプリに含まれる成分

・グルコマンナンは、体内で消化されない食物繊維で、お腹の中で水分を吸収して何十倍にも膨らみ、満腹感が得られます。また血糖値やコレステロールの上昇も抑えます。

・フーディアは、イモ科の成分です。満腹感を感じるように脳に刺激が送られ、空腹感を軽減します。

・アフリカマンゴノキは、満腹中枢に働きかけ食欲抑制効果があり、エネルギー消費を増大させます。また脂肪細胞が脂肪を蓄積するのを防ぎます。

・カラルマは、サボテンの一種で満腹中枢に働きかけ食欲を抑制します。さらに脂肪酸を生成する物質をブロックする働きがあります。

・酵母は、糖分を分解し、炭酸ガスを発生させることにより、満腹感を得られます。

 

2-2 脂肪や糖の吸収を抑えるサプリに含まれる成分

・ファゴミンは、桑の葉に含まれる成分で、糖分の分解酵素α-グルコシターゼの働きを弱めて、吸収を抑えます。

・ファセオラミンは、白インゲン豆抽出物で、炭水化物の消化吸収を抑えます。また小腸でのブドウ糖の吸収も穏やかにします。

・エピガロカテキンガレートは、緑茶に含まれる成分で中性脂肪や血糖値の上昇を抑える働きがあります。

・ギムネマ酸は、小腸での糖分の吸収を抑えます。また余分な糖のため込みを防ぎます。

・サラシアオブロンガは、つる性植物で、腸内で糖分を分解して、血液中に吸収されるのを抑制する働きがあり、余分な糖分の吸収を抑えます。

・ガルシニアは、オトギリソウ科の果実成分で、脂肪合成を阻害します。また肝臓でのグリコーゲン合成を促進して、血糖値を一定に保つことで空腹感を軽減します。

・アミラーゼは、炭水化物を消化する酵素です。炭水化物の消化を助けることで、血糖値の上昇を抑えます。また体内の酵素が消化ではなく代謝に使われる事で代謝アップが期待できます。

 

2-3 腸内環境を改善するサプリに含まれる成分

・乳酸菌は、腸内環境をととのえ、便秘を解消し、自律神経の乱れを整えます。その結果、カロリー消費しやすい状態になります。

・ラクトフェリンは、乳由来のたんぱく質で、脂肪の合成を抑制し、脂肪お蓄積を防ぐ働きがあります。

・ラクチュロースは、乳糖由来のオリゴ糖です。腸内でビフィズス菌を増殖させて、悪玉菌を減らし、悪玉菌が作り出す有害物質を減少させて、腸内環境を整えます。

・キトサンは、甲殻類の殻を原料とする食物繊維で、食事に含まれる余分な脂肪や塩分を吸着して、体外に排出する働きがあります。

 

2-4 脂肪を燃焼するサプリに含まれる成分

・L-カルニチンは、赤身の肉類に含まれる栄養素です。血液中の脂質を筋肉細胞に届け、代謝させる働きがあります。

・フォルスコリンは、シソ科の成分で、脂肪の分解に関わるアデニル酸シクラーゼを活性化させることにより、脂肪の代謝を活発にします。

・カプサイシンは、唐辛子に含まれる辛味成分です。脂肪の分解を促します。またアドレナリンを大量に分泌されることで毛細血管の血行がよくなり、発汗作用を促します。

・酵素は、代謝機能をアップさせる事で、痩せやすい体になります。また新陳代謝も活発になることから、体内の老廃物を排出しやすくなります。

・葛の花抽出物は、脂肪の合成を抑える作用があります。また脂肪細胞の分解を促します。

さらに、糖質が脂肪になるのを抑制する効果があり、血中の中性脂肪の上昇を抑えます。

・リパーゼは、体内で分泌される脂肪分解酵素です。リパーゼの分泌を促すと脂肪を分解し、燃焼しやすくする効果があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です